通信制高校はどのように学習していくのか

通信制高校の教育の特徴

山積みになった本一般的な全日制の高校とは異なり、通信制高校は通信を用いた勉学が中心となります。
テキストを用いて自分で勉強し、その勉強内容をレポートで提出するのが基本的な流れですが、インターネットが普及している現在ではWebを活用した授業を行っている所もあります。

通信制教育の仕組みとメリット・デメリット

いずれにしても学校に通って教室内で決められた時間に勉強するのではないために、自分の好きなタイミングで勉強が出来ます。
そのために家の都合で働きながら高校を卒業したいという人や、不登校で一般的な高校だと馴染めないけれど勉強してきちんと高校を卒業したいという人など、様々な事情を抱えている人でも勉強しやすくなっています。
ただ、あくまでも学校である事には変わりはないために、しっかりと卒業要件を満たさなければ卒業する事は出来ないので、何もしないでも卒業できるという訳では無いです。
勉強した内容はレポート形式で提出を行う必要があります。

スクーリング授業の特徴

また、学校に足を運んで直接勉強に関する指導や相談などを行うスクーリングがあります。
スクーリングについては学校によっても大きく異なり、年に一回だけ集中してスクーリングに参加すれば良いという学校や、月に2回程度通う必要がある学校、週4日行う学校などもあります。
自分でどんどん勉強してスクーリングは少ない方が良いという人もいますが、中には全日制には馴染めないが人と交流はしたいという人や勉強で躓きやすいから小まめに相談出来た方が良いという人もいます。
そのためにスクーリングは自分のスタイルに合っている所を選ぶ事が大切です。
また、レポートを提出すればそれで単位がもらえる訳では無く、試験も行うので試験に合格する必要があります。
合格基準を満たさなければ単位を取得する事が出来ないので、しっかりと日頃から勉強する姿勢を身につける事が大切です。